So-net無料ブログ作成

便宜上「万引き」と書きますが、やはり明確に窃盗と呼ぶべきだと思うのです [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
8/6の「みんな日記」形式を除けばひと月ほどご無沙汰しておりましたが
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
然程長くはなく、また、不快な内容にはならないかと存じます故、
宜しければこのまま最後までお付き合いくださいませ。

今宵取り上げる内容はこちら
都内の中古玩具店から玩具を万引きした容疑者が逮捕されたというものです。
…この50代の容疑者については何も申し上げますまい。
己の趣味の為に、他人に迷惑をかけるようでは趣味人の風上にも置けぬ不届者です。
それよりも気になるのが、今回の警察の動きについてです。

この記事には記述がないですが、この中古玩具店は
被害にあった翌日の8/5に警察に被害届を出していたようです。
その際に、恐らくは証拠として公開予定だった防犯カメラの映像も提出していたと思われます。
それなのに、8/12に顔写真を公開する、という告知をしたのは何故なのでしょうか?
…推測でしかないですが、警察はこの調査にあまり乗り気でなかったのではないか、と思われます。
金額に多少の差異はあれ、都内だけで年間2万件弱発生している
万引きの1件1件を限られた人数で調査するのは至難の業ですし、限界もあるでしょう。
(検挙数が1万件を越えているのは、店舗側で捕まえてから引き渡しているからでしょう。
 なお、参考資料直接リンクは憚られますので、google検索結果のみリンクします。
 検索結果上位で警視庁の公開資料がヒットします。)
今回はたまたま足のつきやすい玩具であったこと、
中古玩具店のすぐ近くで転売されていて、恐らくその店からの通報があったことなどから
検挙につながったのだと思いますが、例えばこれが初版発行部数が数百万冊の漫画本であれば
その足取りを追うのは非常に難しかったでしょう。
ある程度、優先順位が落とされてしまうのは致し方ない面があるとは思います。
とはいえ、それを被害者側(今回は中古玩具店)に容易に悟られるような態度で接するのは論外でしょう。
また、業を煮やした中古玩具店側の、私刑とも取れる顔写真公開告知がなければ本腰を入れなかった、
と捕えられかねない今回の対応は、警察としては、あまりよろしくはない状況なのでは、と思われます。
下手をすると、あまり調査の進展がない場合、今回のように防犯カメラの写真を公開する
(もしくは公開する、と宣言する)店舗が出てこないとも限らないからです。

勿論一番悪いのは万引き犯ですし、顔写真を公開されても同情するつもりはございませんが、
こういった私刑じみた方法が正しい、とは決して思えません。
再びこういった事態にまで発展しないよう、警察にはいっそうの奮起を望みますし、
また、今回の件から、店側が顔を特定できるだけの材料を持っている場合がある、ということが
公になったことで、未然に万引きが抑止できれば幸いです。

さて、結局それなりの長さとなってしまいましたが、今宵はここまでにしておきたいと存じます。
最後までお付き合いいただき、有難うございました。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2014-08-20 02:44  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]