So-net無料ブログ作成
リーザ日記 ブログトップ
前の10件 | -

きちんと子育てと両立している他の女性議員はどう思っているのでしょうか? [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
先週くらいからめっきりと冬めいた気温となってきました。
エディス義姉様も体調管理には苦労なされているようですが、
そろそろ師走、ということで、皆様もどうかご自愛くださいませ。

さて、今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
少々不愉快な類の話題かも知れません故、
ご了承いただける方のみ、「続きを読む」以降をご覧くださいませ。

続きを読む


2017-11-27 02:30  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この件、エディス義姉様に相談するとゲームで例えようとしてくれたみたいで… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
先週より急に気温が下がって参りましたね。
風邪も流行っているようですので、
読者の皆様も、どうぞ体調にはご注意いただきたい、と存じます。

さて、今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
然程不快な類の話ではございません故、
宜しければこのまま最後までお付き合いくださいませ。

今回取り上げるのはこちらのニュースになります。
ノルウェーでのことになりますが、
子供を模したラブドールを購入した男性が禁固刑を受けた、と言うものです。
男性の余罪(児童ポルノの写真、映像が見つかったこと)や、
また判決の内容についても色々あるでしょうが、
今回はこの男性が罪に問われたこと自体について考えてみました。

人の性的嗜好には様々なものがあるようです。
私は余り詳しくはないのですが、最近では同性愛(男性同士、女性同士)について
各国で議論され、一部の国では婚姻すら認められている状況です。
彼ら、彼女らの嗜好はいわゆるノーマル(男女の愛)に比べると
数で劣るマイノリティにあたりますが、
近年では正当な権利を認められている(ところもある)わけです。

では、幼児しか愛せない、という性嗜好はどうなのでしょう?
私個人的には、同性愛同様正直理解できないのですが、
もし、同性愛が認められるのであれば、
当人同士がそれを望んでいる、という前提が付きますが、
それも認められるべきではないでしょうか?
勿論、未成年であれば親権を持つ親の合意も必要になるのでしょうが、
この男性の場合、ドールを買っただけですので、
被害?を受ける幼児も、当然その親権も持つ親もいないのです。
誰が、何の権利を持って男性の嗜好を断罪できるのでしょうか。

勿論、リアル幼女に性的暴行を加えれば犯罪です。
しかし、それは性的嗜好に関わりなく、
当然成人同士であっても犯罪となります。
「未来の犯罪を抑止する」という名目だったとすれば、
それはこの世のすべての男性が逮捕対象となってしまします。
また、少数ではあれ、女性が男性に対して性的暴行を加えることもあるわけですから
すべての女性も性犯罪者予備軍と言うことになります。
こんな乱暴な論拠はありません。
例えば、一般的な性的嗜好を野球、同性愛をラクロス、幼児嗜好をセパタクローとすると
ラクロスにはスポーツ振興金を出すが、セパタクローはダメ、と言うような状態です。
これは、明確な差別です。
ラクロスを認めるならセパタクローも認めるべきで、
逆にセパタクローを認めないならラクロスも認めるべきではありません。
※この例で言うと、本当は後者の場合は野球も認めるべきではない、と言うことになってしまうので
 あまりいい例えではありませんね…すみません。

まだまだこういったマイノリティの救済は始まったばかりで、
まだ幼児嗜好についての論議が進んでいないだけなのかもしれませんが、
少なくとも、論議の進んでいない時点で実刑を確定させるべきではありません。
何故なら、罪の公平性で同じ罪?を犯した者には同じ刑が与えられるべきだからです。
幸い?日本でのことではございませんが、
今後日本でも同じような事件が起きないとも限りません。
右に倣え時代から個性を大事にする時代になってきた今、
他山の石とせず、日本でももっと論議を活発化していくべき案件だと存じます。


まあ、前述のとおり、私自身は
(恐らくではありますが)変わった性嗜好は持っていない
…と思います(思いたいです…)故、
この男性の気持ちはわかりませんが、
性嗜好のみで差別されるべきではない、というのは偽らざる想いです。

さて、今宵はこのあたりで終了させて頂きます。
長文に最後までお付き合いいただき、有難うございました。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2017-11-05 02:56  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

参院の民進党議員はどういう動きを見せるのかも少し興味がありますね…少しだけですが [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。

今回はあまり愉快な類の話題ではないかと存じます故、
その辺りをご了承いただける方のみ、
「続きを読む」以降をご覧くださいませ。

続きを読む


2017-10-10 01:56  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そもそも解散しない方が望ましいのですが… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。

つい昨日、私の実家の母より連絡があったのですが、
以前に日記に書きました、面倒を見ていた猫たちのうち、
(三代目の)しろが逝ったそうです。
ここ一年くらい、(二代目)くろと同じくらい食事をしているにもかかわらず
やせ細り、毛並みもぼさぼさだったので、心配してはいたのですが…
折しも、今年は(初代)くろが逝ってから10年、
毎年作っている猫餌の馬を今回はチュールで作って
つい先月末に実家に持って行ったところなのです。
…せめて、最期の時を私の実家で迎えたことが、
一番安心できるところだったからだ、と信じたいです。
貴女の分まで、残った(二代目)くろが元気で過ごせるよう、
空から見守ってあげていてください…

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
そこまで不愉快な話ではないかと存じます故、
宜しければこのまま最後までお付き合いくださいませ。

安倍総理が、衆院解散の方針を決めた、ということが報じられました。
北朝鮮の動向を見る、という条件付きながら、
正直、「民進党や小池政党の準備が整っていないから」という理由が透けて見え、
あまり支持する気が起きません。
※とはいえ、民進党や小池政党を支持する気はもっとないのですが…

ですが、ここで口々に安倍総理を攻撃している民進党の幹部には
ほとほとあきれるほかありません。
確かにこの時期の選挙は自民党にとって有利に働く可能性が高いですが、
それは心機一転建て直しを図る民進党にとっても
無党派層にアピールする最大のチャンスともいえます。
ここで、自民党よりも実現性や実効性に優れた政策を提示できれば
新生民進党が議席を巻き返すことだってできるでしょう。
幸い、党勢が衰えた程度で離党するような程度の低い議員が軒並みいなくなったのです。
※民進党に参加している時点で程度は低いですが、
 何のポリシーもなく離党するような連中は、更に程度が低いと思います。
党内の意見を集約・調整し、対案を作り上げる…
代表の力の見せ所だと、何故捕えられないのでしょうか?

党代表選を見る限り、枝野氏よりは前原氏の方がいくらかはマシ(現実的)というのは
間違いないところでしょう。
ここで立て直せなければ、本当に民進党はおしまいで、第二政党ですらいられなくなります。
安倍総理を批判している暇があったら、ぜひ無党派層が膝を打って賛同する
画期的な政策を練る時間にあてて頂きたいものです。

さて、今宵はこのあたりにさせて頂きたいと存じます。
最後までお付き合いいただき、有難うございました。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2017-09-19 02:19  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そもそも前原代表体制がどこまで持つのかもわからないですが… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
平日故、手短にする予定ですので、
宜しければ最後までお付き合いのほどお願い致します。

先日、民進党の幹事長に推挙された山尾議員が
最終的に離党という異例の事態となりました。
私個人的には、氏の政治資金問題や、昨年の「日本死ね」関連の発言で
あまり良い印象は持っておりませんでしたが、
これでまた女性議員の印象が悪くなると考えると
少々やるせない気持ちになって参ります。

様々な発言が問題となった稲田元防衛大臣、
国籍問題で代表辞任に至った蓮舫元民進党代表と、
若手のホープ?として要職に就いた女性議員が悉く失敗するのを見るにつけ、
女性の躍進を形から入るのはやはりよろしくないのだ、と思うのです。
男性議員であれば、要職に就くのは50代から60代で
それでも若手と言われる状態です。
彼らが20年から30年政治家としての実績を重ねてから登用されるのに対し
今回の山尾議員は当選2回ということで、圧倒的に経験不足と言えます。
※稲田元防衛大臣は当選4回(58歳)ということで、比較的経験を積んでいますが
 これは本人に資質によるものでしょう。男性の大臣でもこういう方はいますので…

民間でも、「女性管理職を増やそう」といった動きがあるようですが、
数合わせの為に経験不足の女性を登用するのでは本末転倒です。
それが日本の将来を決める、国会議員であればなおさらです。
女性であることを理由に登用しない、というのは問題ですが、
男性議員と同条件で、きちんと実績を踏まえたうえでの登用であれば、
今回のような頭を抱えたくなるような事態は起こりにくくなるのではないでしょうか。
※政治的な信条はともかく、土井たか子氏などは
 好例になるのではないでしょうか?

…まあ、民進党の女性議員は、国会で壁を作って
自民党の男性議員が通ろうとすると「セクハラだ」などという
恥ずかしいことを平気でするような人たちですので、
資質と言う点ではどなたも五十歩百歩な気も致しますが…

さて、今回は予告通り短めに、この辺りにしておきたいと存じます。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2017-09-12 02:53  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そう言えば「ミサイルを迎撃すると破片が落ちてきて棄権」という愚かな意見もありましたね… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
ここ最近、気温が低い日が続いておりますね。
残念ながら連日の雨で湿度は高いままで、
そこまで快適に過ごせないのが難点ですが、
それでも熱帯夜でないだけ、大分ましなのではないでしょうか。
幸い、エディス義姉様の夏風邪もほぼ完治したことですし、
このまま過ごしやすい気候になってくれるとよいのですが…

さて、今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
そこまで不愉快な類の話題ではないかと存じます故、
宜しければ最後までお付き合いくださいませ。

さて、昨日(8/15)は終戦記念日と言うことで、
追悼式の模様が様々なメディアで伝えられました。
戦争の悲惨さを語り継ぎ、「もう戦争を起こさない」という誓う…
このこと自体は間違っていないと思うのですが、
一部の非戦論者たちの論調は、少し違うのではないか?と考えてしまいます。

勿論、日本から率先して戦争を起こすことは避けるべきです。
憲法9条を改正しても、恐らく原則(平和主義)は揺らがないですし、
その一線は(今のところは)超える必要はないと思います。
しかし、戦争は相手があって初めて成り立つものであり、
非戦論者の意見はその辺りが抜け落ちているという印象です。
戦後、日本が(一応)戦争に巻き込まれていないのは、
アメリカの核の傘の下にいるからです。
9条バリアなど存在しません。
正確には戦争ではないですが、ウイグル・チベット自治区などは
事実上中国に占領され、悲惨な生活を余儀なくされております。
それは、ウイグル・チベット自治区が中国に対して戦争を仕掛けたからでしょうか?
否、中国の領土拡大欲の為、一方的に占領されたのです。
日本がアメリカの庇護なく、また自衛隊も持っていなかったとしたら
中国はやすやすと日本を占領しているでしょう。
実際、現状ですら日本の領海を侵犯しているくらいですから。
「自分が大事なので戦争には行かない」とツイートした
愚かな芸能人もいたようですが、
逆に日本が攻め込まれたらどうするつもりなのでしょうか?
自分が大事なので外国に逃げるということなのでしょうか?
ハイテク化(死語)した近代戦において、
訓練もしていない兵隊など役に立ちませんので
「銃を持って戦え」とまでは申しませんが、
無抵抗で占領されることを良しとするのでしょうか?

中国と北朝鮮と言う現実の脅威がある中、
何らかの自衛の手段を持たないということはありえません。
「最近不審者が目撃されている」暗い山道を対策なしで歩くようなものです。
暗い山道は別の道を通ることが出来ますし、
何なら別の町に引っ越すことだって可能ですが、
日本国は場所を変えることはできません。
それであれば対策(武装)するしかないのは自明の理でしょう。
そして、先方が攻めてきたら、戦う外ないのです。
占領されれば、ウイグル・チベット自治区や
北朝鮮の貧民のような生活が待っているのですから。

重ねて申し上げますが、
戦争を自ら起こさない、ということは大事なことです。
しかし、戦争をしない、ということとは別のことです。
その意味で、現在の自衛隊の位置づけを憲法に明記することは
有事の際の誤解を招かない為にも必要なことと存じます。

なお、経済対策と優先度をつけるとなると、経済対策の方に軍配が上がる、
と言うのが私の意見です。
あくまで、非戦論、憲法9条の改正などに絡めた話題、と言うことでご了承くださいませ。

さて、今宵はここまでとさせて頂きます。
最後までお付き合いいただき、有難うございました。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2017-08-17 03:04  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日経株価が一時急騰したのは…いや、まさか? [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。

一か月以上ご無沙汰しておりましたが、
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
まだ週末ではございませんので、
あまり長くならないように致しますので、
宜しければこのまま最後までお付き合いくださいませ。

さて、本日(この日記を書いているタイミングで言えば昨日ですが…)
民進党の蓮舫代表が辞任いたしました。
本来であれば昨年の時点で議員辞職すべきでしたので1年遅いですし、
それをおいても、野田元幹事長の辞任後に辞任というのでは遅すぎます。
党の代表として真っ先に責任を取って辞意を表明すべきでした。

とは言え、遅きに失したとはいえ、ようやく辞任したということで
民進党が(多少は)今後の選挙を戦いやすくなったことはメリットかも知れません。
これを機に、批判のみに終始し、建設的な具体案を出さない体質から脱却すれば
少なくとも支持率低下は避けられるはずなのですが、
次の代表候補も前原氏や枝野氏と言った旧民主党政権時のメンバーなので、
それもまた怪しいところでしょう。
最早第一野党としての役割も果たせそうにありませんが、
今後はその役割をどの党が果たすのか、
先行き不透明ではありますが、注視していく必要があるかと存じます。

さて、前述のとおり、本日は短めに、ここまでとさせて頂きます。
それでは皆様、お休みなさいませ。


2017-07-28 02:33  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一言で言うと「もっとまじめにやれ」で終わってしまいますね… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
一か月以上間が空いてしまいましたが、
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。

今回は、あまり愉快な類の話ではありません故、
その旨ご了承いただける方のみ、「続きを読む」以降をご覧ください。

続きを読む


2017-06-16 01:57  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

民主党政権を許した日本は、あまり偉そうなことを言えない立場ではありますが… [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
大型連休ももうおしまい、と言うことで
最終日の明日は皆様もゆっくりと過ごされるのでしょうか?
我々義姉妹は半分ほどは用事があり、今日も何かとばたばたしておりました
エディス義姉様には明日はゆっくりして頂きたい、と思っております。

さて、今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
それほど不快な内容にはならないかと存じます故、
宜しければこのまま最後までお付き合いくださいませ。


フランス、及び韓国にて、現在大統領選が相次いで行われております。
どうやらフランスは極右勢力の当選確率は低くなりそうで少々安心ですが、
隣国の方は少々心配です。
この状況下で親北政策を掲げる候補が有利だからです。
現在韓国では(北朝鮮を擁護する)中国の圧力を受け、
経済に影響が出初めていることが要因のひとつかと思われますが、
正直、この国際状況でその選択はデメリットの方が大きいのではないでしょうか。
※実際、盧武鉉政権まで行われていた太陽政策は約10年前に破綻しています。
他の野党候補が不甲斐ない(≒候補者の一本化もできていない)、と言うこともあるかと存じますが、
国際情勢にも強くかかわる案件ですので、どなたが当選された場合でも
無用に北朝鮮を利する行為は慎んでいただきたい、と強く望みます。

なお、対日政策についてはある意味気にしておりません。
どの有力候補も「見直し」が念頭にあるようですので。
せいぜい国家間の合意を反故にして国際的な信用を失墜していただければ、と存じます。
※国家間の合意は「全額返金するのでチャラにする」で収まるようなものではなく、
 しかも今回は第三者(米国)にもオープンな形で締結されております。
 韓国国内の民意には添うかも知れませんが、他には何一つメリットはありません。
 もちろん、日本側は韓国がどう出ようと一切デメリットはありませんので
 この件については静観でよいと考えます。

ともあれ、ここ1・2年の国際的な流れは後の近現代史に残るレベルの内容となることは
間違いないと存じます。
一時の感情的な意見に流され、万一にもおかしな方向に運ばれないよう
各国にはくれぐれも自制を望みたい、というところで、今宵はここまでとさせて頂きます。
最後までお付き合いいただき、有難うございました。

それでは皆様、おやすみなさいませ。


2017-05-07 01:40  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

例え与党の評判を落としたとしても、もうその手法で政権は取れないと存じます [リーザ日記]

lkahb_riza.png
皆様、どうも今晩は。
約一か月ぶりとなりますが、
今宵は私、リーザ=F=グレイスの日記とさせて頂きます。
ご無沙汰しておりました。
あまり愉快な類な話題ではございません故、
御了解いただける方のみ、「続きを読む」以降をご覧くださいませ。

続きを読む


2017-04-30 01:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前の10件 | - リーザ日記 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]